2010年04月23日

JICA大阪国際センターの売却検討 事業仕分け第2弾(産経新聞)

 事業仕分け第2弾で、外務省の福山哲郎副大臣は、都心部にある国際協力機構(JICA、同省所管)の研究所の売却や本部の移転を検討していることを明らかにした。大阪府茨木市のJICA大阪国際センターの敷地・施設も含まれている。

 同センターは昨年の仕分け第1弾で兵庫国際センター(神戸市)との統合を求められた経緯があり、茨木市などが存続を求めて外務省に陳情していた。

 また、枝野幸男行政刷新担当相は、一等地にある独立行政法人(独法)の不要な施設をピックアップし、必要としている独法などにあっせんしていく考えを示した。

【関連記事】
原口総務相、ユーストリームで“ゲリラ会見” 広報室「聞いてない」
事業者にアイデア募集 公園跡地で橋下知事
仕分けしろ! 空港20公益法人の“天下り”と“蓄財”
富士通 原子力機構のスパコン稼働 計算速度、日本一を達成
仕分け余波…政府広報「テレビ6番組」全廃、4月からラジオ1枠だけに

もんじゅ運転再開可否を近く判断(産経新聞)
21府県で2万5000人死亡=3地震同時発生で−防災会議(時事通信)
25日までに普天間閣僚会議=官房長官が下地氏に伝える(時事通信)
薄毛治療に初のガイドライン=推奨度5段階で評価−皮膚科学会(時事通信)
21府県で2万5000人死亡=3地震同時発生で−防災会議(時事通信)
posted by g2fnx9mxa6 at 23:13| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。