2010年01月29日

国選弁護人を選任ミス=対象外の容疑者に−福岡簡裁(時事通信)

 福岡簡裁の裁判官が昨年10月、容疑者国選弁護制度の対象ではない暴力行為法違反容疑で逮捕された男に誤って国選弁護人を選任し、5日後に解任していたことが28日、福岡地裁への取材で分かった。
 同地裁によると、50代の男性裁判官は、拘置手続きの際に男に弁護人の選任について質問。男が請求に同意して、いったん弁護人が選任されたが、5日後に職員がミスに気付いた。
 資力がなく私選弁護人を雇えない起訴前の容疑者を対象とした同制度は2006年に始まり、昨年5月からは窃盗、詐欺など法定刑の上限が3年を超える犯罪にも対象が拡大された。しかし、男の逮捕容疑だった暴力行為法1条は3年以下の懲役だった。
 地裁総務課は「確認が不十分だった。再発防止に努める」としている。 

【関連ニュース】
元競輪選手ら2人逮捕=元社長に面会強要

アップル、タブレットPC「iPad」発表 電子書籍にも参入(産経新聞)
<足利事件再審>菅家さんテープ 否認後再び「自白」、号泣(毎日新聞)
TV報道「関係者」表現、総務相の批判に波紋(読売新聞)
新報道2001 舛添氏「小沢氏は議員辞職すべき」(産経新聞)
文化財防火デー 本番さながらの訓練 太宰府天満宮(毎日新聞)
posted by g2fnx9mxa6 at 20:37| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。