2010年01月23日

新型インフル 和歌山県内で初の死者 85歳女性(産経新聞)

 和歌山市は21日、新型インフルエンザに感染した市内の女性(85)が細菌性肺炎で今月19日に死亡した、と発表した。女性は肺気腫の基礎疾患があり、インフルエンザワクチンを接種していなかった。新型インフルエンザ感染による患者の死亡は県内で初めて。

 市によると、女性は昨年12月21日に38度の発熱などで市内の医療機関を受診。簡易検査でインフルエンザA型陽性反応が出たため、別の病院に入院し、タミフルなどの治療を受けた。24日に新型インフルエンザ感染が確認された。翌25日に細菌性肺炎を併発し、今月に入り病状が悪化していたという。

 永井尚子・市保健所長は記者会見で、「女性の新型インフルエンザの症状は回復に向かっていた。死因の細菌性肺炎との因果関係はないとみている」と説明した。

【関連記事】
新型インフル 欧州でワクチン解約相次ぐ
新型インフル 宮崎の17歳男子高生が死亡 基礎疾患はなし
センター試験 敵は不況と新型インフル
新型インフル 米当局、死者最大1万6000人と試算
新型インフル 輸入ワクチンを承認 大量在庫の懸念も 

開かれない党首「討論」…小沢氏が導入主張したが(読売新聞)
更生法申請「経営の結果」=平野官房長官(時事通信)
<自民党>中堅・若手議員が「70歳定年制」厳守の決議要求(毎日新聞)
<交通事故>車衝突、コンビニに突っ込む 愛知で5人軽傷(毎日新聞)
「特捜部にも説明責任ある」…中井公安委員長(読売新聞)
posted by g2fnx9mxa6 at 03:02| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。