2010年01月12日

15日夕に部分日食=那覇で最大6割−国立天文台(時事通信)

 国立天文台によると、神奈川県と新潟県中部を結ぶ線から西側の地域で15日夕、太陽が欠けながら沈む部分日食が起きる。西へ行くほど欠ける割合が大きく、那覇では日没直前の同日午後5時58分、最大6割欠ける。一方、東京西部など東寄りの地域では、太陽が欠け始める高度が低い上、山や建物の影響で観察が難しいかもしれないという。
 気象庁の天気予報では、主に太平洋側で晴れる可能性があり、昨年7月22日以来の日食を楽しめそうだ。太陽を直接見ると目を痛めるため、国立天文台は、専用の日食グラスを使うか、木漏れ日を見るなどの方法で観察するよう呼び掛けている。 

体育会系モバイル部
ラブシャッフル
クレジットカードのショッピング枠を現金化 
自己破産
ショッピング枠現金化
posted by g2fnx9mxa6 at 12:11| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。